愛犬の心と身体を元気にする秘訣♪

いつまでも元気に!~ちょっとお得な犬の健康情報~

わんちゃんにも運動を! ~ドッグフィットネスを始めた理由~

なぜドッグフィットネスなのか

ドッグフィットネスというものがあることを、私自身、知りませんでした。

「ドッグフィットネストレーナー」というこの資格を知ったとき、人の管理栄養士として仕事をしてきた私にとっては「これだ!」と響くものがありました。

f:id:wanco-hearties:20210307181950j:plain

 

健康寿命という言葉をご存知ですか?

寝たきりになる前の、元気な状態で過ごすことができる年齢です。

人には健康寿命があり、平均寿命よりも10年ほど短くなります。

平均寿命が延びているから、健康上の問題がない状態で日常生活を送る期間を延ばす取り組みが行われています。

 

犬も健康寿命を延ばすことが必要

わんちゃんも同様、寝たきりにならないように、健康寿命を延ばすことが必要です。

高齢化が進み、運動器疾患が増えて介護が必要なわんちゃんも多くいます。

7歳を過ぎてくるとシニア期に入り、どんなに元気でも年齢とともに体は衰えていきますよね。

わんちゃんは動物なのです。体は衰えていても、痛いところがあっても、調子が悪くてもそこを見せることはしません。

飼い主さんが管理して目をむけてあげなくては、本当の姿は見えないのです。

どんなにお散歩をしていても失われていく筋力はあるので、健康な身体を維持していくためにはわんちゃんにも運動はとても大事です。

 

 

管理栄養士でしてきた仕事とは

管理栄養士として28年間、私は仕事をしてきました。

健康寿命を延ばすために、人の食事の指導、講座、生活習慣病の方には運動の指導などがメインの仕事でした。

 

あとから後悔しても戻らない健康

この仕事をしていて、大病を患った方は「あのとき〇〇しておけばよかった」とおっしゃる方が多いということを耳にします。

薬で治る病気でも一生飲み続けなくていけないものもありますし、身体の機能が戻らなくなってしまうものもあります。

相談業務でお話しても中々理解してもらえないことが多いのですが、体が動くからみなさんは平気なのです。

元気だから大丈夫! そういう方が正直なところ多かったですね。

でも、何か問題のある生活をしていれば、毎日の生活で蝕まれていくのは事実です。

あとから後悔しては遅いですし、食事と運動で改善できることはたくさんあるので、目を向けてもらいたいと思いながら仕事を続けていました。

 

人から犬の管理栄養士へ

ドッグフィットネストレーナーの勉強をしながら、わんちゃんも健康寿命延伸のためには、食事と運動が大切と思って犬の管理栄養士も取得しました。

わんちゃんの場合は、ドッグフードが主食なので食事の指導は人ほどではないけれど、肥満のわんちゃんは多いですよね。

肥満の原因は食べすぎです。これは人と同じで、やっぱり食事の与え方のアドバイスは必要なのです。

そして、何よりもドッグフードの選び方! これは大事だと思います。

手作りごはんもわんちゃんの健康にはいいですよね。

 

 

犬も食事と運動は大事

わんちゃんの健康維持、増進、そして健康寿命を延ばすためには、食事と運動が大事なのです。

人に関しても健康への意識の違いはそれぞれにありますが、わんちゃんにも、特にみなさんの愛犬にも健康に意識を向けてもらいたいと思うのです。

可愛い家族の一員ですから。

そして一緒に暮らせる期間には限りがあるのです。

その期間を大事にしてほしいと思います。

 

 

しつけからフィットネスへ・・・

始めはわんちゃんのしつけがしたいと思って始めた犬の仕事。

わんちゃんの仕事で天職かもと思える仕事に出会ったように思う、ドッグフィットネス。

今はしつけではなく、わんちゃんの健康維持、増進を「食事と運動でサポート」できるようなドッグフィットネストレーナーになりたいと日々励んでいます。

でもまだまだこれから‥、この仕事をしっかり自分のものにできるように頑張りまーす♪