愛犬と一緒に楽しむフィットネス

ドッグトレーナーがお伝えする愛犬育てのお役立ち情報✎

ドッグフィットネス体験会を開催しました

初めての体験会

まだまだ知られていないドッグフィットネスですが、それにも関わらず、5組6頭の飼い主様とわんちゃんが参加してくださいました。

シニアのわんちゃんからパピーちゃんまで・・・。

パピーちゃんは抱っこ中心で飼い主様が体験されていましたが、わんちゃん達はみんな楽しそうにバランスボールに乗ったり、グラウンドレベル(床面)で運動をしていました。

f:id:wanco-hearties:20210301192605j:plain 

 

体験会の内容

★お話「フィットネスってな~に?」

 犬のフィットネスジムはありますが、知らない方も多いですよね。

 バランスボールでどんな運動をするのか、バランスボールがなくてもできることはたくさんあるので、その運動やご家庭でもできる運動などを紹介しました。

 

★フィットネスは楽しくなくてはいけない!

 わんちゃんの感情が乱れていては、運動という学びを受け取ることはできないのです。特にフィットネスは、運動を通して身体のバランス機能を学ぶので、短い時間でしっかり身体に覚えてもらうためには感情の乱れがあってはいけないのです。

 だからこそ、楽しいものであり、飼い主さんと一緒♪が一番いいのです。

 ハーティスでは、「飼い主さんと一緒に楽しむ」をコンセプトに開催しています。

 

★体験内容

触知「身体チェック」

 飼い主さんに愛犬の身体のバランス、筋肉の状態を触れてチェックしてもらいました。

メンタルフィットネス

 グラウンドレベルでできる運動から簡単なハンドターゲットを実際に体験してもらいました。

バランスボール

 一番簡単なディスクからわんちゃんに乗ってもらいました。もちろん誘導は飼い主さんです♪

 ふたつのアイテムを重ねるバランス運動、少し大きめのアイテムには飼い主さんに乗ってもらって愛犬の感覚を体験してもらいました。

 最後は大きなバランスボールに愛犬と一緒に乗ってもらいました。

 

 

体験会を終えて・・・

こんな流れの体験会でしたが、1時間という時間はあっという間でちょっとオーバーしてしまいました。

愛犬がバランスボールに乗れたら「できた~!」って飼い主さん達は感動!

そしてわんちゃんにとって意識しづらい後ろ足をバランスボールにのせられない子が多くて、後ろ足が弱くなりやすいことを実際に目の当たりにして実感していました。

私自身も学ぶことが多かった一日でした。

 

 

ドッグフィットネスを多くの方に知ってもらいたい・・・。

わんちゃんは自分の足でいつまでも歩きたいのです。

足腰が弱って、寝たきりになってしまうことは飼い主さんにもわんちゃんにとっても辛いことですし、お世話をする飼い主さんも忙しい中大変だと思います。

そんなことをドッグフィットネスを知って、取り入れてもらうことができるなら、なんて素敵なことでしょう!

だからドッグフィットネスを多くの方に知ってもらえるように発信していきます。

 

 

次回3月21日の体験会まで無料です!

お近くの方、ご参加お待ちしております。

 

hearties.jp

シニア犬におすすめなドッグフィットネス

愛犬の老化予防、健康維持になるフィットネス

わんちゃんに運動不足が多いことをご存知ですか?

小型犬を飼うご家庭が多いこと、室内飼いが増えていること、集合住宅でも飼えるようになったことなどから、お散歩に行く機会が少ないわんちゃんが増え、運動不足のわんちゃんが増えているんです。

f:id:wanco-hearties:20210226144741j:plain

 

 

お散歩に行っているから大丈夫?

そう思われる方も多いと思いますが、十分ではないのです。

お散歩だけでは鍛えれない筋肉がありますし、体幹、バランス機能などは培うことはできません。

お散歩には質も大事です。

どこを歩くかによって感じられる足裏の感覚、脳の刺激、斜面など時間だけでは得られない質も影響します。

 

後足は衰えていませんか?

シニアになってくると後足が衰えてきます。

犬の重心は約70%が前足にかかっています。

年齢とともに後足に意識がいき難くなり、衰えやすくなるのです。

愛犬がいつまでも元気で歩けるようにしっかり鍛えてあげたいですね。

 

 

 

フィットネスでできること

メンタルトレーニング、バランス機能の向上、筋力アップ、柔軟性の向上、持久力の向上など多くのことができます。

フィットネスでは運動をしながら感覚を養います。

感情、精神面が強化されていないと、どんなにトレーニングをしても感覚が養われれず、運動の効果が表れにくくなります。

 

おうちフィットネスになるメンタルトレーニン

メンタル面を強化するためのメンタルトレーニングを取り入れています。

モチベーショントレーニングで、グラウンドレベルでできるものなので、いくつかの動きをマスターできれば、おうちフィットネスになります。

バランス機能、筋力アップ、柔軟性など、動きによって強化できる項目がいくつかあるので組み合わせてできれば効果抜群です。

 

家にあるものでフィットネス

バランスボールがないからできない・・・。

そんなことはありません!

硬めのスポンジ、マット、突っ張り棒など自宅にありそうなものを利用して運動はできます。

どんなアイテムを使ってどんな運動をすればどんな効果があるのかを知っていただければおうちフィットネスは可能です。

 

 

ご家庭でできるおうちフィットネスを提案

ドッグフィットネスを始めたばかりですが、店舗では、愛犬の健康維持、増進のためにご家庭で気軽に取り入れていただくための、愛犬のためのおうちフィットネスを学んでいただきたいと思っています。

飼い主さんができるように、愛犬と一緒にぜひご参加くださいね。

 

 

 

hearties.jp

愛犬が楽しいと思える運動

ドッグフィットネスは楽しく!

フィットネスは楽しくないといけないのです。

それは愛犬の心を元気に保つために必要だから・・・。

誰だって楽しくないと続けられないですよね?

だからフィットネスは楽しくないといけないのです。

 

ハーティスでは、感情=精神=身体のバランスを重視したホリスティックなフィットネスを行っています。

犬の行動学から洞察力を高めて、犬の気持ちを感じ取って信頼関係を築き、モチベーションをあげて運動します。

f:id:wanco-hearties:20210222161728j:plain

 

大切なのはわんちゃんの感情

フィットネスはわんちゃんにとって強制でも恐れでもなく、楽しいものであること。

緊張や不安な状態では、運動を意識することはできなく、運動を通して感覚してほしい正しい体の位置や動きを理解できなくなってしまうのです。

 

フィットネスで養ってもらいたいことに、固有受容感覚があります。

固有受容感覚は、正しい体の位置や動きを自らが理解することで、この感覚を養って健康な身体をつくっていきます。

緊張しないでたくさんのことを感じ取る心の器も大切です。

だからこそ、フィットネスは楽しいものでなくてはいけないのです。

 

 

学習を生み出すフィットネス

わんちゃんは頭を使って考えることが大好きな動物です。

犬のクンクンもそのひとつ。

フィットネスは上手にできたらご褒美がもらえる褒め育てで学んでいきますが、「どうしたらできるんだろう?」「できた!」などの喜びがわんちゃんの学習です。

体を動かすだけではなく、この頭を使うことも楽しいのです。

 

わんちゃんが犬として幸せを感じるために、自ら考えるチャンスを与えてあげること、身体を動かすチャンスを作ってあげることが、愛犬の心と身体を健康に保つ秘訣のひとつです。

 

 

 

東京都足立区でドッグフィットネスをやっています。

お近くの方はぜひお越しください。

hearties.jp

 

愛犬の健康維持に ~ドッグフィットネス~

ドッグフィットネスとは?

犬のフィットネスを知っていますか?

犬専用のフィットネスジムがあるくらい、最近増えてきているんです。

わんちゃんの健康管理を目的にした運動のことです。

f:id:wanco-hearties:20210219190030j:plain

 

運動不足が解消できる

なかなかお散歩に行けなかったり、飼い主さんが忙しくて十分な時間がとれないということも多いと思います。

そんなときにフィットネスを取り入れると運動不足の解消になります。

雨の日なんかもいいですよね。

ご自宅でできる簡単なフィットネス運動もご紹介しています。

 

健康維持につながる

フィットネスを行うと体幹が鍛えられるので、筋力がつきやすくなります。

身体の柔軟性も鍛えられるので、ケガの予防にもなります

お散歩だけでは鍛えられない筋肉をつかうので、年齢とともに後肢が衰えやすいシニア犬の健康維持、老化予防にも役立ちます。

f:id:wanco-hearties:20210219190121j:plain

 

ダイエットができる

人でもダイエットは難しいですが、犬も同様です。

犬のダイエットに適した運動プログラムをドッグフィットネストレーナーが提供しますので、愛犬にあったプログラムで運動が可能です。

食事のアドバイスも合わせておこないますので、効率的なダイエットが可能です。

 

 

愛犬に合った運動を・・・

わんちゃんの健康維持には、人と同様で適切な運動が必要です。

最近は集合住宅でも犬が飼えること、室内飼いのわんちゃんが多いこと、小型犬が主流でお散歩に行かないわんちゃんが多いなど、犬を飼う環境も変化しています。

愛犬可愛さからおやつをあげすぎたり、室内飼い主流から肥満気味のわんちゃんが増えている現実もあります。

肥満は愛犬の健康維持には大敵です。

可愛い家族の一員である愛犬がいつまでも元気でいられるように、犬のフィットネスはいかがですか?

 

 

 

hearties.jp

しつけ教室は敷居が高い⁈

身近なしつけが求められている

お店を本格的に始めて一か月・・・。

少しずつお客様が来てくれていますが、

お客様とお話していて感じること、

それと同時に知人にとったアンケートから

もっと気軽に利用できるお店が必要なのかなと。

f:id:wanco-hearties:20210211173234j:plain

 

 

しつけ教室はお値段が高い

これは私自身も感じていました。

愛犬もものトイレトレーニングに悩んでいた時に

しつけ教室を探していたのですが

確かに高かったんですよね。

 

今は以前に比べたら犬が高額になっていて

愛犬をローンでお迎えする方も増えていると思います。

そして若い方だとお家のローンも組んでいたり・・・。

そうするとしつけ教室にまでお金をかけられない!

 

これもしつけに悩んでいても利用できない方が

多くなっているのかなと。

 

 

しつけ教室を利用するほどでもない相談したい

こういう方が多いのかなと思います。

愛犬は家庭犬なのです。

家庭犬として一緒に家族の方と暮らしていくのであれば

すぐに言うことを聞く、指示がすぐ入る良い子ではなくても

家族と仲良く暮らせる良い子であってくれればいいのです。

 

 

 

だから困っていること、悩んでいることが気軽に相談できる・・・

そんな場所が求められているのかなと最近思い始めました。

 

 

 

気軽の相談できる地域のしつけサロン

こんなお店ってどうでしょう?

まだお店を始めて間もない私・・・。

どんなお店が求められているのか、ニーズがあるのか、

試行錯誤で悩んでいます。

 

地域のしつけサロン

よくないですか?

実は、3月まで行政で管理栄養士をしていた私・・・。

保健所の仕事で、子育て相談、栄養教室などを開催していて

身近な相談ができる場所だったんですよね。

相談者の目線でずっと仕事をしていたから

ふと、そんなしつけサロンあってもいいのかなと。

 

まだ手探りだけど、グループレッスンとして

お話、お悩み相談などができる講座を考えています。

 

 

 

わんちゃんを知ることから

わんちゃんってどういう動物?

これって皆さん、わかっていないと思うんです。

犬を擬人化している方が多すぎます。

愛犬との関わり方、愛犬が考えていることなど

ここを理解できれば愛犬は変わります。

そんなことをお伝えしたり、お家でできるように

しつけの仕方などをお伝えしたいのです。

 

地域の皆さんにとって、身近なドッグトレーナー、

それだけではなく、ドッグフィットネストレーナー

ドッグマッサージセラピスト、犬の管理栄養士、

わんちゃんの健康を考えて色々相談できる、

そんなお店でありたいと思っています。

 

 

 

hearties.jp

 

 

 

新入生 ~似ている3わん~

新しい保育園生

保育園に入園してくれたチワワのノアくん。

ノアくんは5歳半の男の子。

とても大人しくて怖がりさん。

そんなノアくんと写真を撮ったら・・・。

 

 f:id:wanco-hearties:20210205153814j:plain

似てる~(*^^*)

左 ノアくん(チワワ)

中 まめ(ポメチワ)

右 もも(ポメラニアン

兄弟ですか?という感じです。

 

ノアくんは色々体験をさせてあげたいというママさんの思いもあるので

保育園でたくさんのことを教えてあげたい💗

でも心配なのは、後肢が少し弱いこと・・・。

初めてお預かりのわんちゃんにフィットネス運動を取り入れて

身体づくりをする予定です。

 

 

ドッグフィットネスをご存知ですか?

普段のお散歩では培うことのできないわんちゃんの身体機能(体幹、バランス能力、柔軟性など)の維持向上やメンタル面の強化を、わんちゃん自身で考え、体を動かし、楽しみながら行う運動です。

身体機能を向上することで、ケガの予防、肥満気味のわんちゃんのダイエット、シニア犬の老化予防などにも効果があります。

愛犬の心と身体を育むためにドッグフィットネスを始めませんか?

 

 

ドッグフィットネス無料体験会を予定♪

hearties.jp

わんこ達が近づけない理由は?

この週末は2日間共にわんちゃんご来店でにぎやかでした。

昨日の一枚の写真・・・。

f:id:wanco-hearties:20210201162546j:plain

せっかくわんちゃんが来てくれていたので、我が家のわん達と撮影と思ったのですが近づけないんです。

もも(ポメ)は積極的なわんちゃんは苦手

まめ(ミックス)はわんちゃんが苦手

トイプードルちゃんは積極的なわんちゃんが苦手

ペキニーズちゃんはわんちゃん大好き

わんちゃんが苦手なわん達にとってはこの距離がやっとでした。

 

f:id:wanco-hearties:20210201162739j:plain

わんちゃんが苦手なトイプードルちゃんは途中から避難です。

子犬の頃からわんちゃん同士の関りがないと、距離を置くようになりますね。

 

ももは幼稚園に通っている頃はわんちゃん大好きなはずだったのですが、成犬になり、わんちゃんと関わる環境がなくなってきたら、興味を示して近寄ってはいきますが、積極的にアプローチしてくるわんちゃんは苦手になりました。

社会化とその継続はとても大事ですね。

 

f:id:wanco-hearties:20210201162810j:plain

日差し温かいプレイルームでのひとコマ。

ぽっかぽかで遊び疲れてウトウトし始めたわん達ですが、お昼寝中も距離をおいていました。

 

 

 

hearties.jp